名刺

名刺作成で気を付けていること

名刺は仕事をする上での必需品です。会社員の場合は会社から支給されるものですが、個人事業主やフリーランスで活動していると自分で作成しなければなりません。今はネットなどで名刺作成のひな形もすぐに見つけることが出来ますので、文字情報だけを変更すれば簡単に作成が可能です。また、デザインもレイアウトも自分で考えて、名刺用の用紙を使いプリンターで印刷することも可能です。私の場合は自分でデザインしたデータを印刷業者に渡して、紙の質感や厚みや枚数などを指定して作成しています。
住所や電話番号やメールアドレスに変更は無いのですが、年に一度はデザインや名刺の素材などを変更しています。私が名刺を作成する際は見やすくて記憶に残るような目立つ名刺を心がけています。職業にもよるのでしょうが、名刺は宣伝も兼ねているので多少インパクトのあるものが相手の印象に残って良いと思っています。いくら格好良く目立つデザインでも文字情報が見にくいものや分かりにくいものは駄目でしょう。名刺という道具を上手く利用できませんし、お渡しする相手にも失礼な気がします。
名刺とは相手にお渡しする為のものなので、良い印象を与えられるものかどうかを考えてこれからも個性的な名刺を作成していきたいです。